銀河最終便
WEB日記

「批判からは何も生まれないんですよ皆さん」と、いつも安倍さんは言う。                 

そんな言葉に賛同するのか、納得するのか、

「皆さん」批判をしない。

 

そして、また安倍さんは、

具体策、具体策と、

一つ覚えのように言う。

 

その伝家の宝刀である具体策が、

国民を幸福にしたことがあったろうか。

 

安倍さんの具体策は、

寧ろ、無い方がいい。

 

3年で断行すると言う悪政の仕上げの政策。

 

決まったんだから進めると、

改憲も大々的に進めようとしている。

 

そもそも、正しい批判精神は、

何より必要なものだ。

批判を封じ、

意のままになる国民だけを育ててどうする。

 

 

甘言を弄しては、

国民を騙す安倍政権。

 

隷属する国民を、

き方改革などといって

牛馬のようにこき使い、

正規非正規の差を無くし、

同一労働、同一賃金などと言って、

正規を非正規に近づけ、

経団連の要望に応えて、

いつでも雇用打ち切りに出来るように仕組みを変え、

 

 

事と次第によっては、

美辞麗句で誘って、

戦場にも送り出そうなどと、

ゆめゆめ考えてもらっては困る。

 

 

全世代型への配分切り替え。

子育て支援、教育無償化と言えば、

誰だって賛成するが、

一方で、相対的な、打ち切りと削減政策も始まる。

 

冷血なる政府の、

不条理で、不公平で、

冷酷無比な政策の引き換えであることも
知らなければならない。

 

大資本、富裕層への優遇は増すばかり。

階級社会は決定的なものとなる。

 

 

批判がいけないという前に、

政治家自身が、不正不実を行わなければいい。

野党や、国民の口を封じて何をしようと。

国民の目を見えなくして、何をするつもり。

 

どこへ連れて行かれるやら、

無敵のうそつき総理が、

註文通り批判を忘れた国民をどこへ連れて行くやら。

 

 

 

: 『時事』 : comments(2) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
Comment








経団連御用達の働き方改革を、働く人のための改革だと勘違いする。
日本会議御用達の教育改革を子どものためだと勘違いする。
従順な子どもにしてほしい、そんな願望なのかしら。
従順な子どもは従順な兵隊さんになる。
明日軍事大国、戦争大好き国になるわけではない。
長い視野で少しずつ進められる政策。
いつ止めるの、今でしょう、間に合わなくなる前でしょう。
そう思うのに、世の中公共工事と同じ。
一度始めたら止められない。
それが日本社会なんでしょうかね。
posted by eblo : 2018/09/21 11:36 AM :
騙される快感があるのでしょうか。
みんな一緒でありさえすれば、
絆、絆の大合唱で、
「謙虚」を美徳とする、スゴイ日本の国民は、
時の政府に従順に従う。
自分の生活を良くしてくれると信じて。

といっても、今時、まさか、そんな単細胞はいないと
思うけれど、
なぜか集団となると、魔法がかかったように、
オリンピックや、天皇譲位の「御大典」などに酔い、
このスゴイ日本の一員であることに我を忘れてしまうのでしょう。
そもそも「我」があったとして、ですが。

仮にもみんな学校教育を受けて、
(その教育こそが問題なのでしょうが。)
世界的にも高度な通信・文化の中にあって、
何で、こうなのか。
七不思議ですね。

見えないナショナリズムが血と骨に細胞に凝縮しているのでしょうか。
でも、本来の日本人は、ほんとうに良き精神性を持った人もいたはず。
日本の文化の繊細さ巧緻さを見れば、そう信じたい。
お金だけを目的として、あんなに美しい工芸作品や、建築物や
美術、文学は生まれない。

嗚呼、それなのに。
全く信じられません。
この惨状。
ひどい有様。



いくら大人しくても、ただ従順ではなくて、
明らかに見る目さえ持っていれば、
うそもほんとうもわかるはず。
経団連や、政権の誘導に乗せられることはないはず。
でも、現状は、安倍政権の支持率が下がり切らない。
下がっても、30%をキープする。

それが変ね。
昔は、すぐ8%とか、6%とか、
これまた行き過ぎでしょうというくらいバロメーターが
ブレたのに、今は、最低の政権の醜聞が出ても、
岩盤の支持者がいるから、超低空飛行にも墜落にもならない。
どっちかというと、無重力ね。

ロシアの新聞によれば、無敵のアホ(安倍総理)とさえ
書かれているのに、あれほど世界中に恥を曝していても、
国内では、国会議員の8割の支持票を得て、3選される。
議員の方も、無敵の〜〜だからでしょうね。
今の自民党の姿こそが、安倍さん本人以上に情けない醜い姿だと
思いますね。
posted by 祥 : 2018/09/21 1:03 PM :
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sho.jugem.cc/trackback/7698
<< NEW : TOP : OLD>>