<< 平野啓一郎さんの連載小説『本心』はやはり面白い。 | main |

『リハーサルのあとで』のような素晴らしい舞台を観たあとでは魂が抜け殻のようになる。

 

 

言葉もない。
ただあの声、あの表情、あの姿態を思い返すばかり。

 

観客が固唾をのんで見守るその先に、
ラケルの身体。

 

仰向けになり、透けるような白い手足を投げ出して、
まるで全観客のレイプを受けるよう。

 

役が女優を輝かせるのか、
女優が役を輝かせるのか。
渾身の演技からほとばしる電流が、
脊髄を走る。


強弱、柔硬、緊張と弛緩、
身体を自由自在に使い、
瞬時もとどまらないラケルの心の叫びや疼きを伝えて、
一人の役者による身体表現の極致を見る思い。

 

汚れ役なのに、
否、だからか、
ひたすらに美しい。

 

舞台の上にただ一人、
一挙手一投足に観客の視線を引き付けて演じることの、
なんという役者冥利。

 

劇中劇で、台に乗って演じるシーンでは、
神々しいほどに、
声の質も、表情も、立ち姿も、
凛々しく変身し、
空気を一瞬で変える。

 

現実と虚構のあわいをさまようように、
時空や属性を、時に超え、時に強調し、
嫋々として女そのものとなり、
超然として神のような存在ともなる。


求め、せがみ、泣きじゃくり、訴え、
責め、許しを請い、告白し、そそり、拒むラケル。
罵り、嘲り、誘い、立ち去るラケル。

 

ヘンリック・ヴォーグレルに、
母親のラケルに似ていると言われる娘アンナ。


アンナを見れば、ラケルが二重映しに見えるほどにだろうか。
こういうところは映画の方が、生かせるかも。

 

病むラケルと、若く健康なアンナに似ているところは
舞台上では、見たところあまり無いように見えるが、
それは、むしろ、台詞の中にあるだろうか。

 

現実を拒否していることが、
既に、役者向きの資質なんてこともありえそうで、
天に放たれるような自由奔放さも、
よく動く肢体も、その動きのきれいさも、
現実の男女には、あまり見い出せない稀有な資質。

 

「不幸は沈黙する」ともいうが、
姿を消し、おとなしくしては待つ悪魔のように、
一度では足りず、母親は娘となり、
娘は母親となって、一人の男と関り、
ただ一度の生と関わる。

 

男は、支離滅裂さを拒否しながらも、
支離滅裂さに、どこか牽引されている。


掻き乱されながらも、
愛してやまない心の鳥を、
憧憬にも似て見つめながら、
羽ばたき去っていく鳥の自由を羨みながら、
我が身は、沈黙を抱いて、
ギリシャ的調和と均衡の世界を、
魂の平安を永遠の理想としている。

 

全ては、夢であり幻でもあるようで、
後に残るのは、舞台装置としての椅子や、
照明、壁に揺らめき翳った光りのみ。

 

 

なぜ映像収録されていないのだろう。

こんなに素晴らしい舞台を、

(美術や、衣装、照明も含めて)

映像に残さないのは、

一種の罪だ。

 

一度しか観られなかったのが残念。

毎日でも観たい舞台だった。

 

でも、台風の直撃が半日遅れていたら、

一度も観られなかったわけだから、

一度でも観られたことに感謝。

 

嗚呼、それにしても、あの舞台を観た後では、

なおさらに思う。

一路さんのブランチで、『欲望という名の電車』が観てみたいと。

また、『アンナ・カレーニナ』の再演も期待したいと。

 

 

風間祥  * 『映画・演劇(宝塚)・TV・コンサート』 * 11:02 * - * -
このページの先頭へ