<< いつの間にナチスの帝国再現の国となりたる 戒厳令下? | main | ベトナムに武器を売りに行く菅首相。/「防衛装備をベトナムに輸出」(日経新聞) >>

東京新聞の夕刊『私の東京物語』/小泉今日子 を読んでいる。

10月14日の第12話「殿山泰司の言葉」で、
殿山泰司さんの随筆が好きだということで、
殿山さんの言葉を紹介している。

〈オレはね、世の中というのは時代とともに、だんだん良くなるものとばかり信じてたらそうじゃないんだね。今のオレは何も信じられないような気持だよ。地球が丸いなんてのもウソじゃねぇかな、全く〉
ー殿山泰司ー



殿山泰司さんと言えば、
私には、乙羽信子さんと共演した、
新藤兼人監督の『裸の島』が、
何と言っても忘れ難い。

小泉今日子さんが紹介している映画
『砂の器』『楢山節考』『愛のコリーダ』
の中の殿山泰司さんも、どの作品にいても、
鮮明な存在感を示す役者さんだった。

小泉今日子さんの文章は、歯切れよく、テンポよく、
簡潔で、本当に文才のある人だ。
夕刊の連載を読んで、他の本も読みたくなったので、
今日、Amazonで3冊註文してしまった。
魅力ある役者は、冴え冴えとした頭脳の持ち主でもあるようだ。
殿山さんと同じように。

風間祥 * 『時事』 * 17:22 * - * -
このページの先頭へ