<< 少し前まで誰かを愛していたような真っ赤に炎えている七竈 | main | 飛永 京さんの歌 >>

荻原裕幸さんの歌

001:声
それからは声だけがあなたのなかへ入つて春の雪を降らせた
008:鞄
旅をしないときの鞄に絵葉書の折れまがる南島のしづけさ
014:主義
パスタ巻く春の右手の辺りから主義が気化してゐるのが見えた
017:陸 荻原裕幸
あまつぶがにはかに沁みて夏服にひろがつてゐる大陸がある
024:チョコレート分
チョコレートのやうにたやすく八月のあの風景も折れて曲つた
025:泳
別の世界で泳がせてゐた群れるのをとりわけ嫌ふ別のひとりを
032:乾電池
使ひ切つた乾電池にて動きだすふたりの夜のやはらかな羽根
035:禁
禁止したはずだつたのに内側へまぶしき街を拡げてゐたか
041:迷
夏つばめゆんゆん飛んでさしせまる悲しみに迷彩をほどこす
042:官僚
官僚的なひとことのみが残されて夾竹桃の揺れてゐる午後
046:泥
春の泥と書くときだけは美しきものとしてある泥にまみれて
049:ワイン
ワイングラスの水平線にわけられた空の向かうのあなたは笑ふ
063:鬼
鬼としてあなたを追つてゐるうちに戦争が二度起きて終つた
068:四
四枚のキングのなかで髭のないひとりのやうに秋を見てゐる
081:洗濯
洗濯ばさみで冷ややかな晴天に拘束されたシャツを見てゐる



024:チョコレート
>チョコレートのやうにたやすく八月のあの風景も折れて曲つた


日本人なら誰でも忘れられない風景だったのも過去のことになっていこうと
している現在、文学に出来ることは何だろう。
なかんずく短歌に出来ることは。

言葉による表現を不毛とあきらめないことしかない。
あらゆる技法、修辞を用いて衝撃力を持つ表現を獲得し、
深層へと降りてゆく言語の梯子を架けるしかない。

(この歌の場合、二つの時空を結び、そのどちらからの読みも可能にし、
二重の感慨をもたらすような歌い方。)


>063:鬼
鬼としてあなたを追つてゐるうちに戦争が二度起きて終つた

亡くなった塚本邦雄は、まさにそのような作家だった。
荻原裕幸の眼もまた現実の中心にあるものを透視しているように見える。

風間祥  * 『2005年「題詠マラソン」』 * 19:44 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ