銀河最終便
WEB日記

ひぐらしひなつさんの歌                 
017:陸       
大陸的な朝につらなる一日が合歓の木蔭に過ぎた日のこと
019:アラビア   
アラビアと口にするたび白い花こぼれますます遠いアラビア
020:楽      
あなたへと綴る手紙をあたらしい楽章として秋を奏でる
021:うたた寝   
六月の樹下のうたた寝 触れてくるものをやさしく握りかえして
022:弓      
弓形に眉をひくとき心持ちあかるく逸れて跳ぶ草雲雀
025:泳      
宛先のない葉書のようにはつなつの朝のはじめのひかりを泳ぐ
029:ならずもの  
ならずものと名前をつけたのらねこをボンネットにはべらせて五月は
035:禁      
バイオリンケースに禁書を匿って花散りやまぬ駅舎をくぐる
036:探偵     
海からの手紙をさがす色褪せて探偵小説ならぶ書棚に
046:泥      
やがて泥のように眠れば鴇色の花をたたえて舟が流れる
056:松      
満ち足りて窓に凭れた海に沿う松の林が途切れるまでは
060:影      
解き放つ鳥たちまちに影となり夢みるように錆びつく門扉
063:鬼      
楡の木に額をつけて鬼のままいつも終わった 失えもせず
075:続      
なにをやっても続かないねと両足を投げだす 外はひたひたと雪
094:進      
頬杖のまま聞いていた進化論あなたの耳のかたちを好きで



>035:禁
バイオリンケースに禁書を匿って花散りやまぬ駅舎をくぐる
>046:泥      
やがて泥のように眠れば鴇色の花をたたえて舟が流れる


目を瞠る色彩感覚の豊かさ。物語性。
修辞が空疎なものになるか効果的なものになるかは
読者を立ち止まらせるか去らせるかの決定的な違いとなる。
もしも大道芸人なら、その日の糧を得るか否かの死活問題である。

ひぐらしひなつさんの歌には、鳩や兎が隠されている。
帽子の中に隠れている手品師の鳩や兎。
それは誰にもわからない巧妙さで隠されているので
目を凝らして見つめている人にも解らない。
バイオリンケースに匿われた禁書のように隠されている鳩。官能の花びら。

: 『2005年「題詠マラソン」』 : comments(2) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
Comment








ご高評のトラックバックありがとうございました。

> それは誰にもわからない巧妙さで隠されているので
> 目を凝らして見つめている人にも解らない。

とてもうれしいお褒めのことばです。励みにしますね。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
posted by ひぐらしひなつ : 2005/11/10 3:34 AM :
ひぐらしひなつさん こんにちは。

ひぐらしひなつさんの歌は、読めば読むほど想像力を刺激されます。
ここから幾つもの物語が始まりそうな、、。

今年も素敵な100首を読むことができてよかったです。
posted by : 2005/11/10 11:59 AM :
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sho.jugem.cc/trackback/836
<< NEW : TOP : OLD>>