銀河最終便
WEB日記

『下流社会』                 
という本を読んだ。
今、ベストセラーになっている本(三浦展氏著)だ。

社会が二極化しているというのは近頃浸透してきているけれど、
いきなり冒頭の「下流度」、殆どパーフェクト。
下流的人間の特徴を殆どすべて備えているとは。


・その日その日を気楽に生きたいと思う
・自分らしく生きるのがよいと思う
・好きなことだけしていたい
・面倒くさがり、だらしない、出不精
・一人でいるのが好きだ
・地味で目立たない性格だ
・ファッションは自分流である
・一日中家でテレビゲームやインターネットをして過ごすことがよくある

(テレビゲームはしないし、他に数項目ほどあったけれど、
収入少ないし甘いもの好きだし、主な性向は完璧に満たしている。)

なるほど当然の帰結だったのか。
今の今まで、どこからどう間違ってこうなったのかと思っていたけれど、
こうなるべくしてこうなったのね。
斯く在るべくして斯く在るというか。

<意欲と能力がないのも特徴>と。
下流の女性の特徴として、
<「下」ほど多いのは、音楽コンサート鑑賞で男性と同じである
が、その他にも楽器の演奏が多い>
<早い話が、歌ったり踊ったり、絵を描いたりしているのである。
「下」ほどサブカルチャー系な趣味に自分らしさを見いだすのである>とも。



やれやれ。
以下略。

: 『歌集、歌書、歌誌、その他書評』 : comments(3) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
Comment








祥さん、TBありがとうございました。僕も下流的人間にあてはまりますが、自ら選んだ結果です。問題は、自分で選んでいないのに下流になってる人たちが増えるということでしょうね。
posted by オカダ : 2005/11/29 7:45 PM :
岡田さん こんばんは。
コメントありがとうございます。
私は半分は自分でも選び、半分は仕方なくという気がしています。今となっては、どうしようもないというか。

少しの貴族と、沢山の奴隷がいた時代の
パンとサーカスという気もします。
ささやかな享楽的気質を満足させることで、
負の痛みを忘れて暮らすような。

若い人の問題は、ほんとに何とか差別をなくする方向で
社会は考えてほしいです。
余りにも固定的に将来に渡って格差があると、
自分を否定して、希望を失くすると思います。
犯罪も増えるだろうし。
posted by : 2005/11/30 7:23 PM :
警世短歌

 差し迫る地球の破局察してか
 カナカナぜみが鳴き止まぬ夏

      たつまき 05・7・23

 日米欧 〇八年に太陽が
 爆発する報ひた隠しおり

      たつまき 05・10.13

  [備考] 差し迫る太陽と地球の破局: 
   必見   
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/3.html

金のため生き死ぬ愚劣な人の世が
 いま大掃除迎えむとする

現状は悪の遺伝子設定の
  結果だと言う異星人あり

地球なる二束遺伝子文明の
 大掃除の日目前にあり

雨風に耐えて咲けども間もなくぞ
 遺伝子通り散る桜かな

美しく清き地球を破壊せし
 人間界は最後迎える

暴虐の腐りし悪の人の世が
 いま大掃除迎えんとする

悪の星=太陽系の動物園
 =流刑惑星 消滅近し

タマちゃんとナカちゃん人に教えてる
  無償奉仕でのんびり暮らせ

何もかも無償奉仕の体制に
変革すべし突破口開く
         たつまき
[備考] 
日本人が知らない近・現代天皇制の驚異の真相が暴露された!
証言:
近代天皇制は海賊某の孫大室寅之祐を明治天皇にすり替えた大陰謀で成立した
 −大室寅之祐=明治天皇の弟の玄孫地家[Jike]やすまさ氏が証言した!                              前田 進

 必見:http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/24.html

 または http://tatsmaki.at.webry.info  

 または http://plaza.rakuten.co.jp/tatsmaki





posted by 前田 進 : 2005/12/26 1:11 AM :
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sho.jugem.cc/trackback/852
<< NEW : TOP : OLD>>