銀河最終便
WEB日記

街角の海                 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ブラインド越しに見ている街の空 赤い屋根から濡れはじめている

 

.光る海、海見る丘に吹いた風 その気軽さが好きだったのに

 

.「問題は数学ですね。」今回は私は母として聞いている

 

.放心をしているような午后の空、春のプールに揺れている影

 

.教室の窓から遠く眺めていた 鉛色したある日の海を

 

.青谷を降りれば海星女子学院、聖母子像も遥かなる街

 

.春早き神戸の街の花吹雪今年の桜見ずに終りぬ

 

.昨日来て今日帰りゆくような旅 親しみ薄き街になりゆく

 

.この駅は久坂葉子の死んだ駅、阪急六甲通過している

 

.もう一度風に逢うため私も一つの風となるための旅

 

.私は急ぎ始めているらしい生き急ぐというほどではないが

 

.老残を見せたくはない見たくない、風を誘って散る花がある

 

.距離感が私を誘う 水流は風を含むと中国の詩に

 

.この街にカラスが飛んでくるわけは死臭が漂いはじめたからさ

 

.蜘蛛の巣の繊細な糸かけられてついに息やむまでの宙吊り

 

.物置に蛇のぬけがらいたちの巣迷宮の入口というわけではないが

 

.燃える街、暖炉に落ちた焼夷弾 母の記憶の中のその夏

 

.ふりむけばいつでもそこに街角に、海があったが夢かもしれない                

 

 

             歌誌「短歌人」・「玲瓏」より 

: 『歌画集「えごの花」』関連 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sho.jugem.cc/trackback/99
<< NEW : TOP : OLD>>