銀河最終便
WEB日記

安倍総裁に非協力的な行動をしたものは存分に冷や飯を喰らうがいいと。妥協の産物は廃し徹底した粛清路線で。                  

<内閣改造>野田総務相、石破派の斎藤農相交代へ 来月2日

9/27(木) 21:35配信

毎日新聞

安倍晋三首相は26日(日本時間27日)、米ニューヨークで記者会見し、自民党総裁3選を受けた内閣改造と自民党役員人事を10月2日に行う意向を表明した。首相は「しっかりとした土台の上に、できるだけ多くのみなさんに活躍のチャンスを作る」と述べ、閣僚をある程度、入れ替えることを示唆した。

【写真も】斎藤農相「安倍氏側から圧力」石破氏応援の会合で

首相は28日に帰国した後、人事の検討を本格化させる。10月1日には公明党の山口那津男代表と会談し、大枠を固める方針だ。

会見で首相は、麻生太郎副総理兼財務相(78)と菅義偉官房長官(69)、西村康稔(55)、野上浩太郎(51)両官房副長官を留任させることを明言し、「しっかりと土台として支えていただきたい」と述べた。

一方、首相は野田聖子総務相(58)と石破派の斎藤健農相(59)の交代を検討している。野田氏は総裁選に立候補せず首相支持に回ったが、金融庁に対する情報公開請求の内容を漏えいした問題で所管閣僚として認識の甘さが批判された。

党側では、竹下亘総務会長(71)も交代の方向になっている。竹下氏が会長を務める竹下派は総裁選で事実上の自主投票になり、同氏は石破茂元幹事長(61)を支持した。

首相は二階俊博幹事長(79)と岸田文雄政調会長(61)を続投させる方針で、竹下氏の後任の総務会長が焦点になる。【高山祐、田中裕之】

 

逆らったものも受け入れる懐の深さを見せる必要はないと、

徹底した安倍カラーを表に出して、

周囲に首相を守る鉄壁を築くように布陣して、

悲願の改憲に向かうつもりらしい。

 

参院選と、地方選がある来年は、

安倍政治の総括をする決戦となるから、

水も漏らさぬ布陣をしたいのだろう。

 

でも、誰を排除しても、

または、誰を起用しても、

基本、お友だち重視で、

論功行賞内閣だから、

ロクな政府が出来るわけがない。

 

何度内閣改造しても、

その中心でふんぞり返っている人の

人柄が変わらない限り、変わるわけもない。

 

安倍カラーに染まる閣僚が、

みんな政治家としてのイメージをダウンさせる。

自ら、政治家としての質を問われかねない位置まで、
そのイメージを下げて行く。

 

 

与党、党首。

3選の安倍総裁。

6選の山口公明党代表。

誰も逆らおうともしない体制。

付き従う従者のような議員たち。

 

自民党も自民党だが、

公明党も何なのだ。

見え見えの歯止め役を演じて見せては、

結論は決まっている。

そんな党が、平和の党を標榜する。

 

改憲ではなくて加憲だと

狡いことを言い出したのも

この党ではなかったか。

 

母体である創価学会会員は、

選挙の度に、全国どこへでも応援に行き、

選挙民である知り合いを見つけては、

他人の迷惑も顧みず、

電話をし、訪問し、投票を依頼する。

 

とんでもないこととも自覚せず、

いったい何の所業。

修行の一項目にでも入っているのだろうか。

 

体制に従順であること、これ以上は無し。

上の説明に無批判に付いて行く。

個人の意見は無いようだ。

個人の意見=団体の意見と、

常に同じゆえに帰依しているというかもしれないが、

彼らが集団で動くことで、

少なからず、この国の政治は歪められている。

 

政教分離の法則はどこへ行ったのだ。

宗教と政治は同居してはならないものではないのだろうか。

 

初期の頃の創価学会は、

あらゆる宗教の創始期がそうであったように、
反体制的でもあり、

治安維持法によって投獄もされた人もいたようだが、
その後、ご利益宗教の最たるものとなり、

政治政党を結成してからは、
政権に常に在ることを目的とも手段ともして、
結果、日本の政治を悪くすることに加担している。


もしも、彼らの中に、正しく、人間生命の尊厳や、
平和への意志といった教義を信じる人がいるなら、
囲い込まれた奴隷のように党の言いなりにならず、
個人としての意見を持って行動してほしい。

: 『時事』 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
何と交換にこんな約束をして来たの 「日本はすごい量の防衛装備品を買うことに」トランプ大統領                 

トランプ氏「日本はすごい量の防衛装備品を買うことに」

9/27(木) 21:07配信

朝日新聞デジタル

 

「日本はいま、やる気になった」。安倍晋三首相との会談を終えたトランプ大統領は26日、日本と二国間関税交渉の開始で合意したことを、まっさきに「成果」として強調した。米中間選挙に向けたアピールだが、トランプ政権がその先に見据えるのは、中国との貿易戦争でもあった。

【写真】笑顔を見せるトランプ氏

「安倍首相と会ってきた。我々は日本と貿易交渉を開始している。日本は長年、貿易の議論をしたがらなかったが、今はやる気になった」

トランプ大統領は26日、国連総会を締めくくる記者会見で、真っ先に日本との貿易交渉の開始という成果を取り上げた。

さらに「私が『日本は我々の思いを受け入れなければならない。巨額の貿易赤字は嫌だ』と言うと、日本はすごい量の防衛装備品を買うことになった」と自身が日本から大きな譲歩を引き出したかのように語った。

 

 

 

 

この国の国民は、

日本の命運を握る主力産業の自動車や、

地域の死活に関わる農産品には、

関心を向けて見張ってもいるが、

防衛費に関しては、

聖域でもあるかのように 問題にせず、

どんな取引が行われても、

高い関税をかけられるよりはいいと、

時間延ばしの切り札や、

免罪符のように扱ってしまう。

どれほど高いカードを切っても問題にしない。

安倍さんや茂木さんや甘利さんや経済ブレーンも

それをよく知っていて、存分に利用する。

: 『時事』 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
意地悪といじめと強いものにへつらうだけの集団が日本という気さえして来る                 

朝鮮学校側が逆転敗訴=国の処分「違法と言えず」―高校無償化除外訴訟・大阪高裁

9/27(木) 15:13配信

時事通信

 

今日のニュース画面や、

トピックスを見ているだけでも、

日本相撲協会の体質と言い、

朝鮮学校無償化除外訴訟の判決と言い、

結局は、司法も国の意向に配慮して逆らうことをせず、

相撲協会も、じわじわとしつこくイジメをし、

反抗者を許さないという陰湿ぶり。

なんという体質。

ほんとうに意地の悪い社会。

 

公益法人とやらに支給された助成金を
一門に配分する権利を権力者に持たせるやり方も、
選挙の公認で縛る政党のやり方にそっくり。

 

こんな組織的意地悪集団に税金を投入することが必要?
表の顔は伝統の神事を掲げる興行でも、
裏では何をしていることやら。

 

大相撲に数々の不祥事が続いても、

人気興行であり国技である相撲への

助成は続く。

 

そして安倍首相は、麻生&菅氏を大黒柱として残し、

論功行賞を以て内閣を組閣する。

これを目出度し目出度しと見ている国民もいるのだろうか。

 

選挙の日、沖縄に台風が来ることも、
雨が降ろうが槍が降ろうが関係なく駆けつける公明党
をはじめとする組織票を持つ与党は

有利に働くと喜んでいることだろう。
 

: 『時事』 : comments(2) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
いよいよ改革を断行 改革とは改悪の異名なれ                 

社保改革、高齢者の雇用拡充を先行…来夏行程表

9/27(木) 7:16配信

読売新聞

 政府は、今後3年で実行する社会保障制度改革の具体策や目標時期を盛り込んだ「行程表」を来年夏の参院選前に策定する方針を固めた。第1弾として高齢者の雇用拡充策を年内にまとめて先行実施し、その後、年金・医療制度改革に着手する。安倍首相は2021年9月までの任期の中で、中長期的な社会保障改革に道筋をつける考えだ。

首相は連続3選を果たした自民党総裁選で、「全ての世代が安心できる社会保障制度へと3年で改革を断行する」と訴え、社会保障制度の抜本改革を公約の柱に掲げた。行程表は、これを具体化するものだ。

首相は1年目の課題として、高齢者が働き続ける環境の整備を据えた。10月上旬にも政府の未来投資会議で具体策の検討を指示する。成長戦略を議論する同会議に諮るのは、働く高齢者を増やして医療保険など財政負担の軽減につなげるだけでなく、「労働力確保による経済成長に期待している」(政府関係者)ためだ。

高年齢者雇用安定法は、全ての希望者を65歳まで雇用することを企業に義務づけている。政府はこれを70歳まで引き上げるよう、努力目標として企業に呼びかける方向だ。高齢者を新規採用する企業への助成などが浮上している。

 

引き延ばされ、後ずさりし、減額されて行く年金。

年金受給開始まで 無収入というわけにもいかないから、

まずは、受け皿である雇用対策を講じて、

出来れば生涯現役で、

年金をあてにしないで 生きて行ってくださいと。

 

これが3年で実行されるようだ。

働けるのはいいが、働かざるを得ないようになるわけで、

その間も上がり続ける税金や社会保険料の上昇に、

また、同時に、更に影響の大きい各種負担率の線引きの変更に、

どれだけの人が堪えられるだろう。

 

要するに社会保障費の削減を志向することになっているから、

自助努力をさらに続けて、公の出番を少なくせよと。

 

全世代に渡って安心をと掲げて、

全世代が安心となった試しはない。

 

100年安心プランなるものが、、

以前、掲げられたが、

100年どころか、

この状況。

 

うわべだけの好景気に

うわべだけの安定経済。

強気強気で、巧妙な粉飾を施し、

債務超過的な損失を表に出さず、

利益だけを計上しているような、

安倍政権。

不都合な爆弾は闇に隠し、

良い面だけを喧伝する。

 

必要もない軍事費を増大させ、

富裕層優遇税制により、

富裕層をさらに富ませ、

階級格差の中間層や下層を

搾取のターゲットにして、

世代間戦争を煽って、

社会保障費を削減しようとする。

 

働かざる者食うべからずと、

十分働いている者に、

懐手で搾取している側が言う。

巨額の税を散逸し、費消し、

無駄遣いを咎められることもない者が言う。

 

 

: 『時事』 : comments(2) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
世の中ってひどいね。生きていくのは本当に大変だね。                 

自治体の対応に差

9/27(木) 7:31配信

西日本新聞

 

 

 生活保護受給者が地震や豪雨で被災した上、保護費を打ち切られる事例が相次いでいる。義援金を収入とみなされたり、親族宅に避難したことで「支援者がいる」と判断されたりするのが主な理由だが、中には困窮した暮らしに逆戻りする人もいる。支給の可否を判断する自治体は、被災者の事情に十分配慮した対応が求められる。

 


【データ】高齢世帯4分の1貧困 「生活保護未満」独居女性では2人に1人

 

そんなことは当たり前だと言われるだろうけど。

: 『時事』 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
これから記者会見があるようだけど。/貴乃花引退、廃業?というニュース。                 

健康面でも、緊急入院したりしたことがあったし、

あっという間に転げ落ち、

過去の人となるような展開でもあったし、

次々と悪い運の連続で、何か気の毒。

 

相撲協会的には、どう思っているのだろう。

貴乃花にも、頑な過ぎて協調性に欠けると

外野席からも非難されるところもあるのだろうけど、

相撲協会という巨大な組織が、悪を悪として残したまま、

あったことも無かったことにする帝国のように、それを許す風土を背景に、

旧態依然としたまま国民の人気を得ているところを見ると、

貴乃花は、五つの門に属しないと駄目とか排除的な決まりも出来て、

結局、表舞台を去るしかないところへ追い込まれた悲運の将の感じで、

頼朝に対する義経の命運を思わせるところがある。

怒りを感じても、もう戦う立場ではなくされてもいたとなれば、

許せない気持ちを持ったまま、相撲協会には、属しきれないだろうし。

引退という名の、場を変え時を変えた戦いをするという面もあるのかな。

でも、それも、預けた弟子の前途に影響することは出来ないだろうし。

預け先の親方に迷惑をかけることも出来ないだろうし。

雁字搦めだね。

 

 

健康でさえあれば、また別の人生があるけれど、

その健康が一どうかもわからないから、

前途に不安が残る幕切れということになる。

命をかけていたような相撲界の改革にも失敗したのみならず、

自身の側にも不祥事が生じ、無念と慙愧の終わり方ともなり、

弟子たちのことも気にかかりながらの退職となれば、

なおさらだ。

 

でも、相撲協会を去っても、

貴乃花は貴乃花、一代の名横綱であったことは

間違いないし、筋を通す人であることは間違いなかったのだから、

ドロドロした世界の外で、

出来るだけ強く健やかに生きられればいいね。

 

屈辱的な立場に落とされてもおめおめと残るよりは、

もっと早く、辞めればよかったのかもしれないね。

マスコミも、蒸し返すことなく、終了にしてほしい。

スポーツ界の話は、もう沢山だから。

 

 

: 『時事』 : comments(4) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
駆けこんだ岸田さんにまで所領安堵して、人数分の恩賞が足りなくて徳政令でも。                 

相手は蒙古軍じゃなくて石破さんだから、

恩賞と言っても、

まぁ、それほどでもないのかも。

庶民増税が代わりに押し寄せて来る。

 

岸田さんなんて、ポスト何とかどころか、

腰抜けの代表。

今の自民党は、全員がゴマすり集団だけれど、

とりわけ情けない卑怯者の姿を曝して、

よく国会の絨毯が踏める。

 

それにしても、何て嫌なメンバー。

二階氏、麻生氏、

金銭授受疑惑の甘利さんも再登場する。

 

あああ、これが日本の政府、

日本の内閣だって。

 

悪徳集団の大行進。

邪魔な憲法圧し潰して、

悪行の極みを尽くそうとする。

 

3年で実施します。って、
やけに張り切って言い切っているから、
ゲニオソロシイ悪法がぞろぞろ登場して、
庶民殺しをするのだろう。
それを歓迎するのが、その庶民だから
どういうことになっているのか。

 

3年と決まっているからと、

余計になりふり構わず(なりふり構ったことなんてないけど。

驀進、爆走するつもりかも。

爆走して激突死するかも。)

 

 

雁首を揃えて、閣議をして、

大好きな閣議決定をして、

悪法をどんどん通していくのね。

 

そんな政府を、支持してついて行く国民。

甘いマスコミ。

全員が提灯持ちみたいな日本になっている。

強者に拠り、強者を支え、

強者の仲間入りした気分になりたがる。

 

猫で言えば、野性が無いよね。

今の日本人。

おとなしく飼い馴らされるばかりで、

野性を全然失くしてる。

 

 

: 『時事』 : comments(2) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
国内第二位の健保組合解散のニュース、怖いですね。                 

国内第2位の健康保険組合、解散を決定 51万人が加入

 派遣社員やその家族約51万人が加入し、国内2位の規模となる健保組合「人材派遣健康保険組合」が21日に組合会を開き、来年4月1日付で解散することを決めた。企業と従業員が折半する保険料率が9・7%まで上昇、今後見込まれるさらなる負担増を避ける狙いがある。(朝日新聞デジタル)

 

この前にco-op生協の健保も解散。

健保組合も、厚生年金の

代行部分を支給していた厚生年金基金も、

一部大企業の厚生年金基金を除いて、

中小の厚生年金基金の大方が解散して、

上乗せ部分は、吹っ飛び、

厚生年金の運用だけが、GPIFに任されている。

国の厚生年金のほかに、

手厚い企業年金があてに出来たのも、今は昔。

本体の国の厚生年金さえ、

将来においても、どこまで貰えるのか貰えないのか、

破綻はしないまでも、どれくらい削減されるのか。

将来に於いては、積立金が枯渇してしまうのか、

黄色信号が点りっ放し。

 

国家直営の健康保険も年金も、

少子高齢化が進むほどに、

日々、健全性を脅かされ、

足元が万年的に揺らいでいて、

常に不安な日本の医療、年金。

 

健全性を保てないところばかりになって、

(健保は4割が赤字だという。)将来的には、

自由診療との組み合わせになり、
保険の負担率も、漏れなく上がり、
大病院には、滅多なことではかかれなくなるように、
紹介制などの制約も、今以上に必須になるのだろう。

 

そして、今以上に、当然、入院期間も短くなるよう

保険の点数が設定されるのだろう。

 

 

安倍さんが、総裁選の日の夜のNHKのインタビューで、
「予防」、「予防」、と繰り返していたから、
これからは、病院になど、

おいそれとはかかれなくなるような
改革が実施されるのだろう。


何もかも、アメリカ型に。
国家に頼るな、医療機関に頼るなと、

自己責任で病気も治すようにと。
でなければ、高額医療負担を覚悟しろと。

 

明日の日本はどうなってしまうのか。

: 『時事』 : comments(4) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
最初は選べるようにして次には選ばざるを得なくして最後は当たり前にする。年金受給年齢に関しても。                 

結局のところ、

医療も介護も支払いは多く、

利用は少なく、出来れば打ち切り、

今後は治療より、予防に力を入れるとやらで。

 

年金もまた同じ。

徴収税率のみ引き上げ、

支給は、したくない政府。

 

影踏みのように後退して行き、

実質、受け取れるかも

分からない制度にする。

 

厚生年金は、

遺族にも受け取る権利が

既定率残されるが、

その定率さえ限定的なものに引き下げられるかもしれず。

政府は、支給を減らしたいばかりに、

どんな理由を作り出すか知れない。

 

国民年金に至っては、現在でも、死亡と共に消滅。

狭く限られた条件での遺族への支給を除いては、

原則全没収も同じであるが、

このまま行けば、改悪に改悪を重ねて、

全年金どんなことになるやら。

 

全世代型社会保障制度という名のゆえに、

逆らえない保障削減。

 

高齢者から若年層への富の移動というが、

いずれその若年層も年を取る。

その頃、改悪を重ねた結果、

誰が制度改革の恩恵に浴するだろう。

 

その受給年齢にしても、

踏み出しは、選択制でも、

大幅な歳出カットを目的としている以上、

いずれは、やはり支給年齢の引き上げにつながり、

支給額の削減につながって行くだろう。

そのことに異を唱え、異議を挟むことも

許されなくなるだろう。

 

働かざる者食うべからず。

国民は、沈黙の奴隷と化すのだろうか。

 

 

 

 

: 『時事』 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
「批判からは何も生まれないんですよ皆さん」と、いつも安倍さんは言う。                 

そんな言葉に賛同するのか、納得するのか、

「皆さん」批判をしない。

 

そして、また安倍さんは、

具体策、具体策と、

一つ覚えのように言う。

 

その伝家の宝刀である具体策が、

国民を幸福にしたことがあったろうか。

 

安倍さんの具体策は、

寧ろ、無い方がいい。

 

3年で断行すると言う悪政の仕上げの政策。

 

決まったんだから進めると、

改憲も大々的に進めようとしている。

 

そもそも、正しい批判精神は、

何より必要なものだ。

批判を封じ、

意のままになる国民だけを育ててどうする。

 

 

甘言を弄しては、

国民を騙す安倍政権。

 

隷属する国民を、

き方改革などといって

牛馬のようにこき使い、

正規非正規の差を無くし、

同一労働、同一賃金などと言って、

正規を非正規に近づけ、

経団連の要望に応えて、

いつでも雇用打ち切りに出来るように仕組みを変え、

 

 

事と次第によっては、

美辞麗句で誘って、

戦場にも送り出そうなどと、

ゆめゆめ考えてもらっては困る。

 

 

全世代型への配分切り替え。

子育て支援、教育無償化と言えば、

誰だって賛成するが、

一方で、相対的な、打ち切りと削減政策も始まる。

 

冷血なる政府の、

不条理で、不公平で、

冷酷無比な政策の引き換えであることも
知らなければならない。

 

大資本、富裕層への優遇は増すばかり。

階級社会は決定的なものとなる。

 

 

批判がいけないという前に、

政治家自身が、不正不実を行わなければいい。

野党や、国民の口を封じて何をしようと。

国民の目を見えなくして、何をするつもり。

 

どこへ連れて行かれるやら、

無敵のうそつき総理が、

註文通り批判を忘れた国民をどこへ連れて行くやら。

 

 

 

: 『時事』 : comments(2) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
<< : 2/648 : >>