恐ろしい政権を許しているのは私たち。孫・子の代まで禍根を残す。

何も出来ないと言いながら、
何もせず、死んで行くんだね、私たちは。

福島の原発汚染水も、海に流すそうだし、
竹中平蔵や菅首相は横暴を極めるし、
それでも、あっちへ行けと言われればあっちへ、
こっちへ来いと言われればこっちへ。

GoTo GoTo
と、浮かれ歩いている、なんて言ったら、
浮かれ歩いてなんていない。困っている観光産業や
飲食業に協力しているのだと、言われるのだろうが。

それどころじゃない時だからこそ、
経済を回しているのだとも、言われるのかもしれないが、
よく行くね。

感染は、まだ終わっていないのに。

ウイズコロナなんて言って、
これから始まる菅政権の破壊的な政策の数々も、
同時に受け入れて、あまり怖がる様子もない。

経済・外交顧問的性格の内閣参与や、
国家戦略会議など、
ブレーンも次々と決まり、
そのことごとくが、
冷血な政策の水先案内人の役割を嬉々として受け、
意気揚々と、突き進んでいることを宣言しているようだ。

国民の誰も彼もが道連れにされ、
恐怖政治の最中で、
私たちは、死ぬことになるかもしれない。

彼らの野望の達成するころ、
どんな世の中になっているのだろう。

全員、無抵抗にひれ伏して、
迎え入れるということになるのだろうか。

こんな時代が来るとは。

徐々に徐々に水が入って来ていることを、
知りながら、傍観した罪。
悪しき沈黙の罪。


誰も抵抗せず、
力が無いことと絶望を言い訳にして、
日々に流され、忘れ、諦める以前に投げて。
無抵抗に、
戦争すら、受け入れてしまうのだろう。

主権者であるはずの国民が、
老いも若きも、何ら抵抗しない。
高みから降って来る散餅・散銭に群がる群衆のよう。


気がつけば、そこは戦場だった。
いうのは、「戦争が廊下の奥に立つてゐた」
と白泉に書かれた頃と同じだ。

 

日常の中にも戦争はある。

日常の中から戦争は生まれるのだ。

鼠か猿のような卑小なものこそが巨悪に転じるのだ。

卑小な鼠と侮っているうちに、
大軍団となっているものだ。
頼山陽は、無知ほど怖いものはないと言ったが、
愚か者の集団ほど、怖いものはない。

一個師団となり、帝国の軍隊となっている。
英雄が世の中を変えるのではない。
卑近卑小な猿が、猿の軍団が、

内なる心の集まりが、世の中を変えるのだ。

冷血で強欲な、
一部特権階級のために働く内閣。
兵隊たちは、働き蟻。
一生、働いて税を納めて、
殺されるまで働き続けて。
それでも、
どこまでも、空の滑車が回るのを見上げながら、
地上の馬車に跳ねられ轢き殺されても、文句も言わない。

どんなウイルスよりも、
黴菌よりも汚いものを受け容れて、
ええじゃないか、ええじゃないか♪ と、
新政府を受け容れた幕末の人たちのように、
勝てば官軍のお通りを受け容れ、
土下座までしている。








 

風間祥 * 『時事』 * 06:01 * - * -

ある年齢以上になったら、法律で免許返上を義務づけるのも致し方ないのでは。

いくら呼びかけても、そもそも危険に対する
社会意識のある運転者は自主的返納に積極的だろうけど、
そうでない場合は、免許証を身分証明書代りのように携帯して、
足の無い山奥でもないのに、
そもそも自主返納をする気のない人もいる。

認知症検査なんて言っても、甘くて抜け穴だらけなんだし、
大抵の人はクリアーするように作られている。
そんな杜撰な検査しかない体制で許されている制度下で、
なぜ小学生が犠牲にならなけきゃいけないのだろう。

昨日も、歩道に入り込んで来た高齢者の運転する車のニュースがあったし、
高速道を逆走する車、歩道を走行する車、
病院玄関やコンビニに突っ込む車、
毎日のように事故を起こしている。
道を歩いていても、特に角角では、
運転席を見て、高齢者が運転していると、=危険と感じてしまう。

自主的返上を呼びかけても、
どうしても、運転することに
未練を持つ高齢ドライバーは多い。
それぞれ事情は、当然あるだろうけど、
他人の命より、自分の事情を優先していることは確か。
万が一は、考慮のほかに措いている。

他者に危害を与えても、
自分に過失があっても、
余程悪質な危険運転でない限り、
保険で賠償責任が担保されているから、
後は、道義的責任だけだと思っているのだろうか。
心に過失責任は感じないのだろうか。
殺人に未必の故意というのがあるが、
自身にそれを適用する気は、
だいたいの運転者は感じないようだ。

高齢者の視力を測るやり方も杜撰なのではないか。
高度な精密検査が全員に義務付けられているわけではない。
高齢者は、一見視力が良いように見えても、
隠れた白内障その他によって、
夜間は、光を眩しく感じるドライバーもいる。
とても危険だ。
冬は、それでなくても、黄昏が早い。

事故を起こすのは、
高齢のドライバーだけではないから、
高齢者だけを標的にするような言い方になるには
問題かもしれないが、死傷事故を起こす事例も、
予測危険率も、明らかに高いのだ。

池袋の大事故のような事件があっても、
自分だけは、特別だと思い、
そのうちにで、終わらせてしまう。

子どもや周りが心配しても、
本人が必死の場合は、なかなか自主返納までに至るのは
難しいという。
しかし、いざ事故を起こして嘆いても遅い。
小さな子の命を奪うのは、
その親の命も同時に奪うのと同じだ。
懸命に育てる愛も、共に葬るのだから。

親にとっては、自分自身の命以上の存在を、
一瞬で奪ってしまうのだから。
その責任を取れる加害者はいないし、
命は、絶対に返せないのだから。

 

小6男児、はねられ死亡 高齢者運転の車が信号無視か
2020/10/14 16:45
大阪市城東区の交差点で13日、横断歩道付近を自転車で渡っていた
同区放出西の小学6年、徳田直大さん(12)が乗用車にはねられる事故があった。
徳田さんは14日、胸などを強く打って搬送先の病院で死亡した。

 

風間祥 * 『時事』 * 19:17 * - * -

高橋洋一氏・宮家邦彦氏が、内閣参与に。最悪の絶望的な布陣で菅政権の目指す方向が決定された。



高橋洋一氏と言えば、
小泉内閣の時の竹中大臣を助けたブレーン。
竹中平蔵、高橋洋一チームで、
どれほどの改悪を行ったか。


新自由主義の積極経済主義者であることに於いて、
竹中平蔵氏と肩を並べるTVにも発言回数多く、
マルチな元官僚であり、竹中氏同様、
ビジネス畑にも進出する大学教授。


菅政権は、
このような二足の草鞋タイプのタレントを
求めているのだろう。

現代社会を生き抜くタイプと言えば聞こえはいいが、
恐ろしく抜け目のないタイプ。
菅政権が食指を動かす収奪方法の、
水先案内人の役目を仰せつかったということだ。

どうせ他人の懐と、
掠め取るのもお得意な御仁。

財政規律も何のその、
禁じ手など歯牙にもかけない。
財政破綻など、気にするのは馬鹿であると、
毫も気にかけない積極的提言をすることだろう。

竹中、高橋となれば、怖いものはなくなる
後は野となれ山となれ、
無責任と野放図を絵に描いたような人たち。
彼らをブレーンに、
小泉内閣以上の、
「前例を踏襲しない」
「規制改革」として、
「改革を断行」する「国民のために働く」内閣が、
どれほど、恐ろしい国民いじめの内閣になるか。

恐怖政治を片手に、無法な略奪を、平気の平左で積み上げる
吸血内閣の本性を、国民に知らせぬように進めるだろうが、
その本性を知った頃には、既に遅く、
かつて非正規を増やしたように、
国民全体の貧困化は、とどまることがないだろう。

この国から、武士の家計簿的真面目さなどは、
愚の骨頂と大気圏外まで放逐されるだろう。



もう、何を言っても、その方向は、
竹中平蔵氏と同じ新自由主義の、
経済ファシズムと、轡を並べて進むものとなり、
韓国に対する蔑視的発言を繰りかえす
元駐韓大使で、徴用工問題での当事者でもある
現三菱重工顧問、武藤正敏氏と、同様な考えの持ち主でもあり、
同じく、元外交官でもある外交評論家であり、
安倍内閣当時も政権擁護的発言に終始し、
その外交も評価していた宮家邦彦氏が、
どのような外交を展開するか、
とても、公平中立な識見の持ち主とは言えない。


つまりは、同じ色のメンバーで染められたわけで、
行く末恐ろしく、
内外ともに菅政権の布陣を見ただけで、
暗澹たる思いがする。

このような内閣が、学術会議の人選で、
6人を外したのは、ある意味、逆説的ながら、
まことに理に叶っているわけで、
内閣参与の人選と、まさしく真逆の選択条件だったことを
裏から照射し、証明していると言える。

風間祥 * 『時事』 * 10:40 * - * -

気に入らないから外したとそれだけ言えばいいのに四の五のと

七面倒な言い逃れをすることもないだろうに。
強権発動して排除したいから、

メンバーから外す。
それだけのことだろうに、
今さら、変な身の守り方をするおかしな政権。

嘘こそが伝家の宝刀で、
裏で事を進めるのが習いと。
既に決まったこととなって
発表して押し切るのが極意と。

何かとなっても、知らぬこと、
関知せぬことと。


赤旗や週刊文春に抜かれた時だけ、
事が面倒になると、
これからは、ますます脇を固めそうだ。

守るよりも攻めよと、
電波法を使い、報道内容に対する締め付けも、
間接的人事権力を行使しての、
マスコミ規制や、幹部を招いての懐柔作戦も、
二頭立ての馬車のように走らせるだろう。

生殺与奪を握っての脅しと、
飴を配るような両面作戦は、
得意中の得意な政権だ。



内閣官房も、菅氏が長官をしていた時代と、
少しメンバーが交代しただけで、
あまり変わらないようだ。

安倍さんの一心同体のようだった今井尚也補佐官たち
経産官僚が参与等となって移動したものの、
菅首相お気に入りの杉田和博補佐官や、
何かと話題の多い和泉洋人氏も、
北村滋国家安全保障局長も残る。
ゲシュタポのような官邸は、
骨格も新たに、強権性を強化している。

同郷の、元共同通信の柿崎明二氏を補佐官に
任命したのも、
ナチスドイツに倣って、報道官的役割と
マスコミへの通路と窓口対策を兼ねてのことだろう。
ゴーストライター的役割も担うかもしれない。

スシローさんが、安倍首相の本を出し、非公認
代弁につとめたように、
柿崎さんが、今度は、菅首相公認の政府の唇となり声となりライターとなる日
も来るのかもしれない。

 

風間祥 * 『時事』 * 00:06 * - * -

『太陽を盗んだ男』はよかったな もう一度観たい大スクリーンで

 

『太陽を盗んだ男』

 

 

 

 

風間祥 * 『時事』 * 16:55 * - * -

銀河には銀河のしずく落ちて来て 雨の日は雨に濡れてゆく

・汚されて汚れて生きる私たち もう一秒も無駄にできない

 

・秋なれば冬も間近く夕されば帰る巣もなく病む鳥もいて

 

・いずくにか優しい国がありまして 今日のねぐらに鳥やすむごと

 

・渇いても飢えても助けないという政権になり「自助」を掲げて

 

・いつだってほんの少しの間違いで 人は運命の道をたがえる

 

・震災の年の三月はまだ生きていた でも原発事故は知って逝ったということになる

 

・太根吉も刈谷もトリ子もみな死んで三国連太郎も北村和夫も沖山秀子も死んで

 

・補陀落の海はどこまでいつまでの罪を受けとめ受け容れてゆく

 

・『神々の深き欲望』その舟は漕ぎ出していく夕日の海へ

 

・風待ちの港のように人を待つ 沖山秀子の「ダンチョネ節」が



・充たされて充たして生きていたいから 海はそこまで潮満ちている

 

・夜は来て明日の夢を紡ぐ時間 誰も英雄ではありえない時間

 

・あの頃の挫折がもしもなかったら アナーキーさを失くしていないなら

 

・遠い日の別れを今も忘れない あとどれくらい生きる私たち

 

・夜が来て深い帳(とばり)に包まれて夢を見るとき獏が喰う夢



・「だけど私 歌えない 踊れない♪」と続く雨の日



・両腕で抱きとめている少年の面差し 太陽の少年に似て



・藤圭子さんにも見せてあげたかったね 天国で見ているかな 育つ少年



・宇多田ヒカルの顔が変わったねお母さんの顔になってる



・心の安らぎ求めるけれど♪と沢田研二が歌うアレクサ



・台風がいま洋上を進んでいるはずではあって此処も雨風



・よく見ればそこにいるのは絵姿もどこか似ている鼠の秀吉

 

 

 

 

風間祥 * 『時事』 * 20:10 * - * -

学問の中味について解る能力もないのに排斥だけはしようとするPONKOTU宰相

#報道特集
金平茂紀氏
「総合的俯瞰的に申し上げますと、国家が全てを支配する科学は滅びます。
ヒトラーのナチス政権下でユダヤ人学者は有無を言わさず排斥されました。
あのアインシュタインもその1人です。日本学術会議を巡る政府の態度、
少しは総合的俯瞰的に、謙虚に歴史を学ばれてはいかがか」

 

風間祥 * 『時事』 * 19:53 * - * -

最大で最高の力は宇宙が持っている 何とかなるだろう何とかなるさ

悪だくみばかりしている政権なんて、粉微塵、木っ端微塵にに吹っ飛ぶ力

風間祥 * 『時事』 * 14:03 * - * -

安倍さんはますますもってお元気なご様子 東京オリパラ組織委の名誉最高顧問にご就任とか

日本経済新聞 

20/10/7 23:32

【速報】安倍前総理 東京オリパラ組織委の名誉最高顧問に就任 森会長が公表

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長は7日、東京都内で記者会見し、

安倍晋三前首相が組織委の名誉最高顧問に就任すると発表した。

安倍氏が務めていた最高顧問兼議長のポストは菅義偉首相が引き継ぐ形となる。

 

診断書の確認、提出もなく辞任した安倍前首相、
薬効あらたかな新薬のお蔭とでも言うのか、
屋上屋を重ねるような名誉職をお受けになった。

これから幾つ何十、何百と名誉職をこなされるのだろう。
安静、静養など、どこ吹く風の御様子。

 

国際舞台で、福島の汚染水は
アンダーコントロールされていると、
大嘘までついて引っ張って来たオリンピックの、
人類がコロナに打ち勝った勝利の証しの祭典にすると、
大見えを切り、組織委の名誉最高顧問に、
ご就任と相成りける。

 

ところで、
そんなにお元気なのに、
国会で、身に及ぶ数々の問題を、
追及されることだけは、どうしてもお嫌らしい。
国会議員の職務を果たすおつもりも無いらしい。

 

後任者に引き継いで、
全て終わったことと、
逃げ切りは完了したと、
後任者も、また、そのようで。

それだけでも、国会議員の資格すらない。

 


 

 

横暴なトランプ大統領でさえ、
その入院、退院についてさえ、
医師団の会見がある。


それが、どれほど、真実に近いかどうかはともかく、
ともかく、会見はあった。

 

安倍首相は、病気辞任ということであった。
それなのに、医師の会見は不要と考えられたのか、
自己申告のみ、
首相がマイクを持っただけだった。

 

 

コロナ禍下で、その重責に
最高責任者の身体が耐えられず辞任したのなら、
会食したり、不要な職責を引き受けるなど、
不信が募るばかりだ。

 

首相在任時も、諸問題に対する不信を持たれていた
自身の立場を少しも反省する心があるとは思えない。

 

部下やお仲間の発信で、おいたわしいムードを作り上げ、
お疲れ様と引いた者が、なお政権の裏側で、
さらなるファシズムを呼び込むように、
憲法改悪に固執する挙党体制を促し、
敵基地攻撃能力をと画策するのを、
促し引き出すような菅政権にも問題がある。

 


政権交代により、
数々の問題は既に無かったこと化し、
それに成功し、安倍政権末期に
落ち込んでいた支持率を急上昇させ、
二階、麻生の鍔迫り合いを睨みつつ、
学術会議人選にも、
強権を行使する菅首相。

 

多分、国民は、
具体的に成功可能な、
携帯料金の値下げ等を進める、
実行力のある政府、
頼り甲斐のある家長のようなものを
叩き上げだとする菅首相に見て、
支持を高めているのだろう。

 

衣の陰に鎧を重ねて、憲法改悪を望む政府。
また、現行社会保障システムも
劇的に改悪しようとする政府。

 

腕っぷしの強さを見せつけようと、
内外に強権を発動しやすい菅首相。
明日の日本をミスリードしないことを
望みたい。

 

 

 

腕っぷしが強く喧嘩に強くても、
頭が弱く、心が貧しければ、
あまり頼り甲斐があるとは、
私には思えない。

方向を見間違うし、
手段を選ばず、人を蹴落としても、
本当に勝ったとは言えない。

ケアするべきをケアせず、
見殺しにする強さだけあっても、
国民を幸福に出来るとは思えない。

欲も得も誰にもあるが、
あまりに貪る心だけ強くても、
いずれは罠に陥る。
自ら墓穴に入る。

貝塚のように、
国民を積み上げるのだけは
やめてもらいたい。

 

 

風間祥 * 『時事』 * 10:42 * - * -

理解できないものを否定する 任命拒否するって、 どいう能力なんだろう / 学術会議会員六人任命拒否

特殊能力?

よくないって、判断したらしいんだけど、
判断の過程、拒否の過程、
明らかにしてほしいね。
説明するのって、
結構難しいんじゃないかな。

風間祥 * 『時事』 * 21:59 * - * -
このページの先頭へ