銀河最終便
WEB日記

結局のところ日本のモタモタの原因は国の借金が多いことにあり                 

 

1100兆円の借金は、なんといっても多いのであり、

重い負荷をつけて歩くように、その歩みは遅くなる。

 

いくら外国にではなく、

国民に借金しているだけだから問題ではない、

気にすることではないと言っても、借金は借金。

期限が来れば返し、償還しなければならない。

 

それが嫌だと、先延ばしにし、

踏み倒す変わりに、

借り換え、その償還期限を、

あわよくば無制限未来に設定するように、

誤魔化しを繰り返しているだけ。

 

錆は鉄を腐食させる。

政府も国民も、解ってはいるが、

見ないようにしているだけ。

見ないようにしていれば、

その事実も奇跡が起きて消えると、

全員で揃って信じていれば、

不安要素は消え、

鉄も超合金に変わると、

神風信仰を続けているだけ。

 

禁じ手も何のその、異次元措置で日銀の引き受けた大量の国債も、

積みあがるばかりだし、

ひとたび金利上昇に見舞われたら、暴発しかねない懸念材料だが、

出口戦略を考える余裕もあるわけもなく、

そのうち何とかなるだろうと、航海を続けるのみ。

何と言っても、この船のマストには日の丸がある。

座礁することもないし、座礁したところで敗戦時のことを思えば、

どうということもない。

つまりは、何一つ恐れるものはない、と。

次世代につけを回して、消えゆくのみと。

 

団塊の世代の大量退職と、少子化ゆえに、

人手不足になるほど、雇用は良い状態を続けるが、

重い借金体質は、成人病をかかえて働くごとく、

なかなか世界経済の中心の牽引役になることを許さないばかりか、

労働生産性の国際比較で先進国中最後尾を走り、

というよりも、とぼとぼと付いて歩くのが精一杯という有様だ。

 

落葉も泥も靴底につけたまま、歩いているようなもの。

足取りが軽くなるわけもない。

それが乾いて落ちる頃には、靴底も破れようが、

新しい靴は用意されているだろうか。

素足はかえって気もち良いだろうか。

 

 

中短期で考えれば、世界景気は楽観していてもいい。

危機はむしろチャンスでもある。

強気の楽観を持って見ていればいい。

しかし、日本の借金はかなり悪質だ。

これだけは、何とかしておいた方がいい。

 

 

: 『時事』 : comments(2) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
今日の日が明かるかったらそれでいい春待つ村に咲く福寿草                 

東京も節分天井、彼岸底 運河に水を曳いて行く船

: 『時事』 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
このように切り株となり骸となり転がっている調布駅前                 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんという野蛮な所業。

 

中野の平和の森公園の17000本も、

こんな姿になるのだろうか。

もうなってしまったのだろうか。

 

弥生式住居遺跡も

一緒に破壊してしまうのだろうか。

そんなことが、いったい許されるのだろうか。

文化財保護法や遺跡保存条例などは適用されないのだろうか。

闇雲に箱物を作って、

造った後も、

毎年、維持管理費をかけて、

コンクリートの劣化と共に、

使われない無駄な箱物となる。

そしてまた壊して、また建て直す。

立派な体育館を、ゼネコンに発註して作ったところで、

いったい誰が使うのだろう。

 

池や流れはなかったのだろうか。

自然のビオトープも壊されて、

メダカや蛙の生息する場所もなくなってしまうのだろうか。

フクロウは来ないかもしれないが、

春には鶯も来ていたのではないだろうか。

私の家の近くの公園には毎年来るから、

この公園にも来ていたかもしれない。

 

狂気の沙汰を狂気の沙汰とも思わず、

17000本もの樹林を平然と切り捨てる神経。

破壊、破壊、破壊。

愚かなことだ。

傲慢なことだ。

 

一方で、3.11の津波の後、

生き残った一本の松の木が、

枯れそうだと言って、

人工の詰め物をしたり補填をして持たせようとしていたのは、

あれは何だったのだろう。

生きている樹を、生首を掻き切るように伐り捨てる

このような所業と、

随分な乖離を感じる。

 

あの木が大切な木だったのなら、

この武蔵野の樹々も大切な樹々ではないのだろうか。

: 『時事』 : comments(3) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
大和の国、豊葦原瑞穂の国へと傾斜して 死の商人国家へとなりゆく                 

なりふりも構わず。

 

もうどこまでもまっしぐら。

唾棄すべき政権の為すことは、

こんなこと。

 

軍事産業が幅を利かせ、

財閥が政商となって暗躍した時代に何が起こったか。

引き返せない道に好んで入ろうとする人たちがいる。

儲かりさえすれば、武器も人命も売り買いするのだろう。

 

何が豊葦原瑞穂の国か、

軍国主義が大手を振って歩けば、

焼け野が原になるのがオチだ。

 

 

<三菱電機>タイ軍の入札に参加 国産防空レーダー

2/25(日) 8:30配信

毎日新聞

 三菱電機は3月に実施されるタイ軍の防空レーダーの入札への参加を決めた。複数の日本政府関係者が明らかにした。航空自衛隊の警戒管制レーダー「FPS3」を基にした固定式レーダーを提案する。米国や欧州の企業も参加する見通しだが、三菱製が落札すれば、国産の防衛装備品では初の大型輸出案件となる。
 

 

: 『時事』 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
オリンピック、東京マラソン そうそして政治のことなど忘れて過ぎて                 

安心なことね。

一強の一なる人も。

我が世の春も続くのね。

 

大いに遊べ、大いに謳え。

世を挙げて祭りの季節。

 

すべて世は事も無し。

時が経てば、全て忘れる。

 

モリもカケもサガワもありはせぬ。

風の前の塵と消えようほどに。

問題が起これば、「北朝鮮が」

と言えばいい。

そうしてこうして地球は回る。   

 

 

この世にはこの世の掟があるようで掟の束を誰かが握る

 

しかしまぁ どんどん顔が悪くなる 感心するほど醜い顔に

 

: 『時事』 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
いつしかに世界は白い闇となり その魂のオンカロとして                 

 

 

ただならぬ狂気の沙汰も沙汰でなく 言葉そのものも抹殺されて

 

: 『時事』 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
そのように時は流れて私たち プランクトンや胞子のように                 

もうすぐ3月。

花粉も飛び始め、

確定申告も中旬には締め切られ、

税額や社会保険料の算定の基礎となる所得も確定し、

多難な年ともなりそうな四月を、

西洋の詩人は、「地獄の季節」と言ったが、

日本では、桜の開花と共に、

花の宴に興じる人々が、野に山に街に繰り出す。

 

物騒なアメリカの通告を歓迎し、

強く支持するという河野外相。

地獄の使者か。

 

: 『時事』 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
いったい何故こんな酷いことになっているの 中野でも17000本もの樹が伐採されるという                 

 

調布駅前だけじゃないんだね。

各地で樹が伐られている。

 

東京の場合、だいたいは、オリンピック絡みだ。

(調布は違うようだけど)

 

中野でも伐採計画。

もうだいぶ進んでしまっているのだろうか。

というより、1月の段階で重機が入っているようだから、

もう全部伐採された後なんだろうか。

 

弥生式住居遺跡も破壊するとしたら、

文化財保護法に抵触しないのだろうか。

 

こんなひどい計画、

議会はみんな賛成したのだろうか。

信じがたい暴挙とは思わずに。

それが、市民や区民に選ばれた人々。

次は人間を殺しにやって来る、そんな言葉が思い浮かぶ。

 

 

平和の森公園の樹、17000本を伐って、

野球場を広げるためだそうだ。

 

真実なんだろうか。

あまりにもひどい計画でうそのようだ。

 

オリンピックのために。

オリンピックのために。

 

オリンピックが全体主義のために利用されたのがよくわかる。

ナショナリズムの高揚した瞬間に、

何かが伐られ、殺されているのかもしれない。

 

各地で、オリンピックのためと、

競技場を確保するため、

道路拡幅工事のためと、

伐られる既存樹林や、街路樹。

それはもう決まったことで、

オリンピックを成功させるためには

仕方のないことで、計画を変更することは

できないのだろうか。

 

オリンピックって何なの?

 

ひとときの熱狂がそんなに欲しいの?

 

そのためには、樹が伐られなきゃいけないの?

 

誰が望んでいるの それを。

市民や区民の声は聞いたの?

オリンピックのためならやむをえないとでも言ったのかしら。

樹は、いいよ、伐られても。と言ったのかしら。

 

強制収容されてゲットーへ貨車で送られて行くみたいだね。

次は人間の番だよ。って言ってるかな。

 

 

「コンパクトなオリンピック」

だったはずじゃなかったの?

 

 

 

どうなっているのだろう、日本。

 

それも、たいてい知らないうちにね。

 

 

: 『時事』 : comments(2) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
ポスト安倍 連合軍を組めばいいのに                 

どういうわけか、意気地なしばかり。

加藤の乱の後遺症、長引き過ぎ。

 

二階俊博幹事長が、

いつも、安倍の次は安倍とか言って、

早々と安倍続投支持を表明して

あとの人も曖昧にではあるが、

反旗も翻さず、

立候補宣言をしているのは野田さんぐらい。

田舎の多選市町村長よろしく、

現首長の再選を決める。

 

そんな与党のありさまが、

どれだけ政治を沈滞させ腐らせているか。

勇気の無い政治家なんて、

裏山に捨てられろ。

 

: 『時事』 : comments(5) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
トトロの森ふるさと基金は手を貸してくれないだろうか こんなに森が好きなのだから                 

ナショナルトラスト運動トトロの森ふるさと基金

2月22日付 東京新聞多摩版の記事によると、

東大和市芋窪の雑木林7400屬髻

公益財団法人「トトロのふるさと基金」が、

新たに取得したそうだ。

 

狭山丘陵の自然を守ろうと、

緑地の取得を進めていて、

都内では、3件目であるとか。

 

今回の雑木林は、武蔵村山市と東大和市の境界にあって、

高さ5メートルほどのクヌギやコナラが生えていて、

地表は、アズマ笹で 覆われているという。

 

この財団は、かつて、

七国山の雑木林を救う活動をしていたようなイメージがあるが、記憶違いだろうか。

 

宮崎駿氏の「となりのトトロ」で、

サツキとメイの母親が入院していた病院のあった丘陵のモデル

になったとされている七国山をイメージしているのだが。

 

森単位の活動しかしないのだろうか。

都内で伐られる美しい大木や、

惜しげなく潰される巨木の杜、

毎年花を咲かせていた樹々、

オリンピックの道路幅拡張工事のため伐られる街路樹

新道路開通のため道筋変更され伐採される小平の玉川上水の樹々。

河川の改修工事後、様変わりしてしまった野火止用水の土手の風景。

京王線調布駅前の自走式地下駐輪場のため伐採される樹々、

(面倒がらずに設計を工夫すれば、樹々を残したまま

駐輪場を作る方法はあるのではないだろうか)

そのような樹々のためには、力を貸してくれないのだろうか。

 

声にならない声が助けを求めているのだけれど、

地域限定、目的限定なのかな。

何かの方法で、杜や樹々を、

人間の猛威から救う手立てはないものか。

 

全国には、同様の趣旨で、失われていく自然や環境を守ろうと

活動している法人もあると思うが、互いに手を貸し合い、

情報を共有して、暴力的な開発競争や、

宅地分譲、墓地開発、カジノ用地取得などのため、

アッと言う間に、無慈悲で問答無用の破壊に至ってしまう樹木や、

樹木ばかりではなく、

農業・工業用地取得のために大規模破壊される干潟や汽水、

各地の沼なども、同様の被害を受けていると思うから、

力を結集する方法があれば、少しは違って来るのではないだろうかと思う。


樹木や貝や魚たちのために動ける法律はないものだろうか。

開発の差し止め訴訟は意義ないものだろうか。

なんらかの方法を講じないと、

諫早湾干拓の時でも沖縄の辺野古の海でもそうだが、

世界でも稀少な生態系が壊され、そして失くしたものは、

二度と戻らない。

後の祭りの頃になって、他に方法もあった。作ったものは必要なくなった。

元に戻そうと、渚再生計画を発動し、人工の渚を作るというような

その場限りの朝令暮改を繰り返すのが行政なのだ。

愚かしい限りだとは思わないのだろうか。

: 『時事』 : comments(4) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
<< : 2/129 : >>